FOLLOW US

J2福岡、井原正巳氏が新監督に就任「勇猛精進していきたい」

井原正巳氏が福岡の監督に就任 [写真]=Getty Images

 アビスパ福岡は15日、新指揮官に元日本代表DFの井原正巳氏が就任すると発表した。

 福岡は今シーズンのJ2を13勝11分け18敗、勝ち点50の16位で終了。2013年から指揮を執っていたマリヤン・プシュニク監督の退任が、11月5日に発表された。

 後任の井原氏は1967年生まれの47歳。現役時代は筑波大学から日産自動車に加入し、1993年のJリーグ開幕を横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)で迎えた。2000年にはジュビロ磐田へ、翌2001年には浦和レッズへ移籍し、2002年に現役を引退。日本代表としても長年に渡って活躍し、国際Aマッチ122試合出場5得点を記録している。同代表がワールドカップ初出場を果たした1998年のフランス大会ではキャプテンを務めた。

 現役引退後は指導者へ転身。2006年まで日本サッカー協会の「JFAアンバサダー」を務め、以降はU-23日本代表のアシスタントコーチに。2009年からは柏レイソルでヘッドコーチを務めていた。

 監督就任にあたり、井原氏は以下のようにコメントしている。

アビスパ福岡の監督に就任することができましたことを大変嬉しく思います。アビスパ福岡を支援、応援してくださる方々の期待に応えられますように、私自身が選手、指導者として経験してきた全てを還元し、選手、スタッフ、フロントが一体感を持って戦えるように勇猛精進していきたいと思います」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA