2014.10.25

名古屋FWケネディ、母国のメルボルン移籍で合意か…豪州紙報道

ケネディ
メルボルン・シティへの移籍が報じられた名古屋FWケネディ  [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスのオーストラリア代表FWケネディが、メルボルン・シティと複数年契約を結ぶことで合意したと、オーストラリア紙『ヘラルド・サン』が報じた。

 ケネディは名古屋との契約が12月31日までとなっており、移籍が実現すれば2015年1月3日に行われるセントラルコースト・マリナーズ戦が最短で出場できる試合となっている。

 現在メルボルンに所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャは、所属元のニューヨーク・シティがメジャーリーグサッカー(MLS)に新参入する前の12月までのレンタル移籍となっている。そのため、メルボルンは同選手の抜ける穴を埋めたいとの考えからケネディの獲得を狙ったとされている。

 背中に負傷を抱えており、ブラジル・ワールドカップもそれが原因で欠場していたケネディは、8月23日に行われたJ1第21節の柏レイソル戦以来、出場していない同選手は、1月には復帰できる見込だとも伝えられた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る