2013.09.11

横浜FM、浦和、川崎が順当に天皇杯3回戦に進出

 天皇杯2回戦が8日に、各地で行われた。

 J1で首位に立つ横浜F・マリノスは、東北社会人1部リーグ所属のヴァンラーレ八戸と対戦。地域リーグ相手の試合となった横浜FMだったが、18分に八戸の小林定人にゴールを許し、1点を失ってしまう。しかし、3分後に兵藤慎剛が同点ゴールを決めると、後半に藤田祥史の2得点と齋藤学のゴールで突き放すと、終了間際には藤田がハットトリックとなるゴールを挙げ、5-1で勝利した。

 J1で2位の浦和レッズは、JFLの栃木ウーヴァFCと対戦し、前半に小島秀仁とマルシオ・リシャルデスの得点でリード得ると、後半1点を返されるが、2-1で逃げ切り、3回戦進出を決めた。

 川崎フロンターレは高知大学と対戦。10分にアラン・ピニェイロのゴールで川崎が先制するが、後半に入り、51分に高知大の出口晋一郎に同点ゴールを許す。それでも、直後の64分と67分に棗佑喜とアラン・ピニェイロの2点目で、一気に突き放した川崎が3-1で勝利した。

 11日に行われた天皇杯2回戦の結果は以下のとおり。

横浜FM(J1) 5-1 ヴァンラーレ八戸(青森県代表)
浦和(J1) 2-1 栃木ウーヴァFC(栃木県代表)
川崎(J1) 3-1 高知大学(高知県代表)

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
34pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る