FOLLOW US

首位大宮を下した横浜FMの栗原勇蔵「浮上のきっかけになれば」

 J1第16節が13日に行われ、横浜F・マリノス大宮アルディージャが対戦。ホームの横浜FMは、22分にマルキーニョス、36分に齋藤学が得点。首位の大宮の反撃を後半アディショナルタイムの今井智基による1ゴールに抑え、2-1で競り勝った。

 横浜FMのDF栗原勇蔵は、試合後に以下のように勝利を振り返った。

「無失点で終わりたかったけれど、勝つことが大事だからしょうがない。相手は首位の大宮だし。試合が始まってからこっちがいいサッカーやって、大宮のほうが重かったし、大宮は出足も遅かった。うちが主導権を握っていたから、早めに楽な試合にしたかった。それはできなかったけどね」

「暑い中、連戦の疲労が残っている中、これが浮上のきっかけになればと思う。結果については良かった。(齋藤学の1ゴール1アシストの活躍については)あいつの間合いに入ったときはすごいよね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA