FOLLOW US

大宮戦で先制弾の横浜FMマルキーニョス「戦う姿勢を持ち臨んだ」

 J1第16節が13日に行われ、横浜F・マリノス大宮アルディージャが対戦。ホームの横浜FMは、22分にマルキーニョス、36分に齋藤学が得点。首位の大宮の反撃を後半アディショナルタイムの今井智基による1ゴールに抑え、2-1で競り勝った。

 先制ゴールを挙げたマルキーニョスは、試合後に以下のように勝利を振り返った。

「首位との試合ということで難しい試合になると思っていた。大分、セレッソと勝利できなかったので、戦う姿勢を持って、目的意識を持って試合に臨んだ」

「(ゴールシーンについて)相手が引いて守った時はスペースがなくて入り込むのは難しいけど、しっかりとした動き出しを続けることでスペースが空いてきた。最終的には(齋藤)学からいいクロスボールが上がってきて、それを決めることができた。暑い中でやっていると、後半になると疲れるのは普通。監督からは『体調はどうか?』と聞かれたけど、問題なかったので、『できる』と答えたよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA