FOLLOW US

4戦勝利無しの横浜FM「基本に立ち返って、良かった時を思い出す」

敗戦に肩を落とす横浜FMの選手たち [写真]=野口岳彦

 J1第10節が6日に行われ、柏レイソル横浜F・マリノスが対戦。前半、1ゴールずつ挙げて迎えた60分に工藤壮人が決勝点を奪い、柏が2-1で勝利した。

 試合後、一時同点とするゴールを決めた横浜FMの兵藤慎剛、フル出場した中澤佑二の2選手は、以下のように試合を振り返った。

兵藤慎剛
「点を取ってもチームが勝たないと意味がないので、そういう意味では残念。何としても追い付くゴールを決めたかった。最後、ポストに当ててしまったシュートも決めないといけない。最近はなかなかゼロで抑えることができていないので、課題も多い中でもう一回基本に立ち返って、連勝していた時のように相手を圧倒しているシーンが少ないので良かった時を思い出したい。それと、前線の選手が点を取ればいいので、自分を含めて2、3点取れば負けるチームじゃないので、そういう意味では連動性を増やしてやらないといけない」

■中澤佑二
「なかなか自分たちの形を作れなかったゲームだった。自分たちが得意とするプレッシャーの掛け方が機能しなくなってきている。ここ数試合、アバウトになってきていてそこから失点している。そこを修正していければと思う。何かというよりも一人ひとりのゲームに対する判断の問題なので、そんなにネガティブになることはない。どんな勝ち方でもいいので次は勝てるように、そして勝ち続けていければと思う」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA