FOLLOW US

マンCvs横浜FM前座試合の出場権を獲得したのは? ギャラクシー杯が開催、U-8とU-10の選手たちが熱戦

[写真]=鷹羽康博

取材・文=池田敏明 

 ギャラクシー・エンターテインメント・グループが主催する「ギャラクシーエンターテインメント ジュニアサッカー杯 ~目指せ! 未来のスター選手!~」の予選・準決勝大会が、7月15日(月・祝)に横浜市港北区の「あおばスカイフィールド」で行われた。

 同大会は横浜市在住のU-8、U-10のサッカー少年・少女を対象とし、各カテゴリーで決勝に勝ち進んだチームには、7月27日(土)に日産スタジアムで開催される「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019」マンチェスター・C対横浜F・マリノスに観戦招待されるだけでなく、同試合の前座試合に出場する特典が与えられる。そして前座試合で優勝したチームの選手たちは、エスコートキッズとして出場選手とともに入場できるという嬉しい権利が与えられる。

 予選・準決勝大会は、16チームが参加したU-8カテゴリーから行われた。まずは4チームずつに分かれてのリーグ戦を行い、準決勝に進出する各グループ1位のチームを決める。細かい雨が降る中でのスタートとなり、1巡目は緊張のせいか、なかなか本来の持ち味を発揮できないチームも。しかし2巡目が始まる頃には雨もあがり、雰囲気に慣れてきたこともあって選手たちは溌剌としたプレーを見せるようになる。ピッチ脇で見守る保護者の応援も徐々に熱を帯び、我が子のプレーに一喜一憂するお父さん、お母さんの姿が目立った。

 2巡目が終わるころには、準決勝進出の可能性が残るチームと潰えてしまうチームが出始める。勝ち上がれなかったチームには、思わず悔し涙を流す選手もいるほど。そして3巡目にはいくつかのドラマティックな展開があった。わずかに勝ち上がりの可能性が残されていたBブロックのFC PORTAは、序盤から怒涛の攻撃を見せ3-0で勝利。これで勝ち点、得失点差等ですべて1位タイになり、コイントスの末に大逆転で準決勝進出を決めた。また、DブロックのNPO HIP. SCとスポーカルSCの試合は準決勝進出を懸けた直接対決となった。試合前の時点ではスポーカルSCが勝ち点で上回っていたが、この試合を1-0で制したNPO HIP. SCが勝ち点で1ポイント上回り、こちらも逆転劇が起こった。

 準決勝はAコートが野庭キッカーズ対FC PORTA、BコートはFCゼブラ対NPO HIP. SCという組み合わせになった。Aコートでは「やるからには日産スタジアムを目指そう」(相原直樹コーチ)と意気込んでこの大会に臨んだ野庭キッカーズが4-0で快勝。相原コーチも「がむしゃらにボールを追いかけてくれて、試合を重ねるごとにいいプレーを見せてくれました」と笑顔を見せた。一方のBコートは0-0でPK戦となり、さらにサドンデスまでもつれ込む熱戦の末、FCゼブラが3-2で勝利。野庭キッカーズとFCゼブラが7月27日の決勝へと駒を進めることになった。FCゼブラの椎野誠監督は「子供たちが頑張ってくれました。素晴らしい環境でプレーできたおかげ」と語り、「(決勝)はしっかり走って、元気よくゴールを目指してほしい」と意気込みを語ってくれた。

 晴れ間ものぞくようになった午後は、U-10カテゴリーの試合が行われた。参加したのは12チームで、4チームずつ3グループでリーグ戦を実施。各グループ1位が自動的に準決勝に進出し、2位の成績最上位チームも準決勝に進めるというレギュレーションのため、たとえ初戦で躓いても2戦目、3戦目で挽回が可能になる。

 このカテゴリーになると“サッカーらしい”動きが増加。中盤からFWにボールを当てて落とし、裏へのパスに別の選手が抜け出す、といったプロ顔負けのプレーも見られた。

 Aブロックからは大豆戸FC、BブロックからはKATABIRA SC、Cブロックからはカルペソール湘南がそれぞれ1位で準決勝に進出。そのカルペソールに3巡目の試合で0-1と惜敗したNPO HIP. SCも、得失点差で他の2位チームを上回って準決勝へと駒を進めた。

 迎えた準決勝はAコートがカルペソール湘南対大豆戸FC、BコートはKATABIRA SC対NPO HIP. SCという組み合わせになった。NPO HIP. SCはU-8カテゴリーのチームが惜しくも準決勝敗退となったが、U-10のチームは直接FKで先制するなど2-1で勝利し決勝へ。関根勝太コーチによると「このチームは最近なかなか結果を残せていなかった」そうだが、「いいチームがたくさん参加している中で勝ち上がることができたので、自信につながったと思います」と選手たちの成長を評価した。

 一方、カルペソール湘南対大豆戸FCは一進一退の攻防が繰り広げられる大熱戦の末にPK戦となり、大豆戸FCが3-2で勝利を収めた。楠永謙臧コーチは「すべての試合で力を発揮してくれました」と選手たちをたたえ、大会自体については「子供たちの夢を育ててくれる大会。イングランドのトップレベルの選手たちの横に立てて、同じピッチで試合ができれば彼らの成長につながると思います」とコメントしてくれた。

 激戦を制し、日産スタジアムのピッチに立つ権利を得た4チーム。7月27日はどんな試合を見せてくれるのだろうか。そして、エスコートキッズとしてマンチェスター・シティ、横浜F・マリノスの選手たちと一緒に入場するのは、どのチームになるのだろうか。

【写真ギャラリー<U-8>】

撮影=鷹羽康博
[大会雑感]

[出場チーム]

【写真ギャラリー<U-10>】

撮影=鷹羽康博
[大会雑感]

[出場チーム]

※ギャラクシー・エンターテインメント・グループについて
ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は、リゾート、ホスピタリティ施設、ゲーミング施設を運営する世界有数の企業でフラッグシップ施設のギャラクシー・マカオを2011年に開業。「世界レベルで、アジアのおもてなしを」というサービス哲学のもと、マカオ市場のリーディングカンパニーとして、製品やサービスを提供。また、教育・チャリティ・地域の文化的イベントを支援するなど、地域社会と成功を共有していくことを重要視している。

 EUROJAPAN CUP 2019の大会主催者と2年契約を結び、同大会の冠スポンサーを務めることとなり、正式名称が 「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019」に決定。活動の一環として、横浜市に住む子供たちへ向けた独自企画「ギャラクシーエンターテインメント ジュニアサッカー杯」~目指せ!未来のスター選手!~を主催。

ギャラクシー・エンターテインメント・グループ公式HP

GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019大会公式HP

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA