2019.05.23

マンC優勝直後の興奮そのままに! ノエルが来日公演で『Wonderwall』熱唱

幕張でのライブフォト [写真]=Mitch Ikeda
サッカーキング編集部

 イギリスのロックバンド、Oasisを脱退後、Noel Gallagher’s High Flying Birdsとして活動しているノエル・ギャラガーが、約4年ぶりとなる日本でのツアーを実施。初日となる15日には幕張メッセでパフォーマンスした。

 何の因果か、直前の12日にはノエルの愛するクラブであるマンチェスター・Cがプレミアリーグ連覇を決めた。優勝を決めたスタジアムにもノエルの姿はあり、その後すぐ、日本にやってきたというわけだ。

「ノエル・ギャラガー=マンチェスター・C」の図式は、日本でもすっかりおなじみ。ここ数年、日本でパフォーマンスする際、筆者も毎回会場に行っているが、回を追うごとに“水色率”が増加している印象だ。

ノエル・ギャラガー

[写真]=Mitch Ikeda

 この日も会場にはヴァンサン・コンパニやセルヒオ・アグエロなど、現在の中心選手のネーム入りや、2000年代初期のユニフォームを着るファンや、水色のジャージやタオルマフラーを巻くファン。オフィシャルグッズも水色メインだから、それもそのはず。日本のマンチェスター・Cファンが一堂に会する、一番の場所なのではないかなと思ってしまうほど。

 開演となる19時30分、『Fort Knox』でライブがスタートすると、『Holy Mountain』をはじめとしたダンサブルなナンバーで会場を盛り上げていく。ステージ上には、いつも通りマンチェスター・Cのフラッグが飾られている。

 配信が始まったばかりの新曲『Black Star Dancing』を披露しつつ、『The Importance Of Being Idle』や『Little By Little』といったOasisの楽曲もプレイ。

[写真]=Mitch Ikeda

 ノエルはプレミアリーグ優勝直後のロッカールームで選手・スタッフとともにOasisの名曲『Wonderwall』を大合唱した様子がSNS上で拡散。喜びの直後だけあって、この日もプレイするのでは?と思っていたオーディエンスの期待に応えるかのように、印象的なイントロが響くと、大歓声に会場が包まれる。

 喜びの気持ちを込めて歌い上げると、客席からは「カンピオーネ!カンピオーネ!」と祝福の声が挙がり、ノエルも笑顔とともに手を振って応えた。

 アンコール開始時にはMCで「マンチェスター・シティのサポーターのみんなに捧げる」と言って、『AKA… What A Life!』へ。まさに「なんという人生なんだ!」というフレーズにふさわしい、フットボールライフへの賛歌とした。

 東名阪ツアーを3日間で駆け抜けたノエル。「また、そのうち会おう」を残して会場を後にしたが、次回はさらに水色の波が観客席に広がっているかもしれない。

取材・文=小松春生

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング