2015.09.14

中山雅史氏がJFL沼津に加入…背番号「39」で約3年ぶりの現役復帰

中山雅史
沼津の練習に参加する中山雅史 [写真]=Getty Images

 JFL(日本フットボールリーグ)のアスルクラロ沼津が14日、2012年に現役を引退していた元日本代表FW中山雅史氏の加入を発表した。

 現在47歳の中山氏は、コンサドーレ札幌に在籍していた2012年12月4日に会見を開き、現役引退を発表。当時は、「未練たらたらではある(笑)」とコメントしていた。それから約3年、今月5日に沼津での練習参加が報じられ、14日に同クラブ加入が正式に発表された。背番号は「39」に決っている。

 中山は、藤枝東高校、筑波大学を経て1990年に当時日本リーグに所属していたヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)に入団。1998年シーズンにはギネスブックに掲載されるリーグ戦4試合連続のハットトリックを達成した。同シーズンに記録したシーズン36得点はリーグ年間最多得点記録となっている。MVP1回、得点王2回、ベストイレブンには4度選出され、磐田の黄金期を支えた。

 2010年から札幌に移籍。けがに苦しみ出場機会はほとんど無かったが、2012年11月24日の横浜F・マリノス戦で途中出場し、45歳2カ月1日のJ1最年長出場記録を樹立していた。沼津で試合出場を果たせば、同試合以来、約3年ぶりの現役復帰となる。

 日本代表としても1992年に初選出されて以降、代表に定着。1993年の“ドーハの悲劇”を経験し、日本代表がワールドカップに初出場した1998年のフランス大会ではジャマイカ戦で日本代表の記念すべきW杯初ゴールを決めた。また2002年の日韓大会にも出場し、ドーハ、フランス大会、日韓大会を経験した唯一の日本代表選手となった。

 中山はJ1通算355試合に出場し、歴代最多の157得点を記録。J2は通算12試合出場無得点で、日本代表では53試合出場21得点を挙げていた。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
10pt
横浜FC
10pt
東京V
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
長野
6pt
福島
6pt
富山
6pt
Jリーグ順位をもっと見る