2013.10.26

ドラフト会議のないJリーグ…新人獲得におけるプロ野球との違いとは

 10月24日のプロ野球ドラフト会議では、育成枠も含めて89名の選手が指名を受けた。全選手の進路を、3時間半で決めるがプロ野球のやり方だ。

 サッカー選手のJリーグ加入が決まる時期はいつか--。こちらの答えは「1年中」である。2014年度の新加入選手を例に出せば、今年4月2日の磐田が、内定発表の皮切りだった。それから5月、6月とコンスタントに昇格、新加入の発表が続いている。

 Jリーグには2種類の入口がある。一つはアカデミー(下部組織)からの昇格だ。U-18チームで育てた選手は、そのクラブに契約の優先権がある。もう一つは外部からの新卒採用だ。Jを志望する選手は、試験や公式戦がない期間を利用し、各クラブの練習に参加することが多い。“インターンシップ”で適性やお互いの相性を確認したのち、プロ入りが決まっていく。

 野球選手の立場で考えると、ドラフト制度には、自分の意志で進路を選べないデメリットがある。進路決定を秋に引っ張ることで社会人チームの内定、大学の推薦を取り逃がすリスクも無視できない。そこでトップレベルの選手でも早めに入社、進学を決めてプロを避ける例が多い。アメリカなら大卒後の選択肢はプロしかないが、社会人野球が盛んな日本ではドラフト制度に穴が生まれている。

 話をサッカーに戻すと、自前で育てられる、相性を見て契約できることは、Jリーグにドラフト制度がないからこそ得られるメリットだ。一般的に自由競争のデメリットとされる獲得コストの上昇も、Jでは生じていない。プロ野球の各球団は全国各地にスカウト網を張り巡らしている。欲しい選手をドラフトで指名し損なうリスクを考えれば、獲得予定者数の何倍もリストアップする必要があるからだ。しかしJリーグの専任スカウトは、J1でも1クラブ1,2名がいいところ。契約金に相当する支度金は、独身選手なら380万円以下と決まっている。1億5千万円以下のプロ野球に比べると、比較にならない安さだ。

 ただし、これには契約制度の違いも絡む。プロ野球の選手はフリーエージェント(FA)の資格を得るために、メジャーリーグを目指すなら9年、国内移籍でも7年の在籍が必要だ。しかも前所属球団への補償が必要なため、相当な大物選手でないとFA制度による移籍は難しい。一方のサッカーは、1年でフリーエージェントになる選手もいる――。これは言葉のアヤだが、実はフリーエージェントを日本語にそのまま訳すと“自由契約”の意味。戦力外選手にとって自由契約は悪夢だが、一流選手にとっては朗報になる。自由に各クラブと交渉し、報酬を増額させるチャンスだからだ。

 プロ野球には「自由契約」「任意引退」という2種類の退団方法がある。自由契約は制約なしにどこと交渉してもいい状態。任意引退は自己都合退職に相当し、前所属球団の同意がなければ他球団に移籍できない立場だ。野茂英雄は94年に任意引退扱いのまま渡米し、ドジャースに入団したが、今は国外という抜け穴も埋まっている。つまり選手が自由に取れる行動は任意引退止まりで、球団の同意なく移籍することは許されない。サッカー界では契約期間が終わったら、移籍金なしで自由に移籍できる国が大半。逆に言うとクラブが選手を縛れないのなら、高額な契約金が生まれる余地もない。

 ドラフト制度を採用しているプロサッカーリーグが、アメリカと韓国にある。この両国は学生スポーツが盛んで、アマチュアからいい選手を獲ることが容易だ。加えてリーグ戦に降格がないため、「1部に入ったのに3部でプレーさせられる」というような心配がない。ただし韓国(Kリーグクラシック)のドラフトには、海外移籍という大きな穴が浮上している。特に日本は絶好の“逃げ場”になっており、ロンドン五輪の韓国代表はJリーガーが7名もいた。そのような弊害を受けて、韓国は既にドラフト制度の廃止に動いている。

 Jリーグにとっても、海外クラブへの人材流出は懸念材料と言い得る。中京大中京高からアーセナルに進んだ宮市亮はその先駆的存在だ。FCバルセロナのカンテラに所属する久保建英のように、10歳の若さで国外へ雄飛した選手もいる。ただし“お金だけ”が理由ならともかく、レベルで上回る海外クラブにチャレンジするとことは、アスリートとして当然の行為だ。経験はいずれ日本に還元されるという、プラス面もある。

 自由競争の弊害として指摘される「戦力の不均衡」も、Jリーグを見る限りは目立たない。直近の10シーズンで誕生したJ1の優勝クラブは7チーム。11年にはJ2から昇格したばかりの柏が優勝するなど、実力的に接近したリーグ戦が日本では行われている。むしろビッグクラブの不在が、Jリーグの課題として囁かれるほどだ。

 もちろんJリーグとプロ野球は歴史と置かれた立場が違い、制度の優劣を論じるつもりはない。とはいえ両リーグを比べてみれば、Jリーグの新人獲得制度が自然で合理的な仕組みだと、お分かりいただけるだろう。

文●大島和人
大島和人(ツイッターアカウント@augustoparty)
1976年生まれ。外資系損保、調査会社などの勤務を経て、2010年ころからライター活動を始める。ヴァンフォーレ甲府、FC町田ゼルビアの取材を活動の柱としつつ、野球やラグビー、バスケット、バレーの現場にも足を運ぶ“球技ライター”。「サッカーだけを強化しても、サッカーは強くならない」が持論。日本がバスケ強国のスペイン、バレー王国のブラジルのような“球技大国”になることを一生の夢にしている。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
13pt
東京V
12pt
徳島
12pt
Jリーグ順位をもっと見る
富山
9pt
福島
9pt
鳥取
7pt
Jリーグ順位をもっと見る