2018.12.25

<那覇西>武器は「連動」 小柄な選手並び、崩すサッカーで開幕戦に臨む【選手権出場校紹介】

宮城海
那覇西の司令塔・宮城海 [写真]=吉田太郎
育成年代を中心に取材活動を展開。

 今年度の選手権開幕戦は、ともに赤を基調としたフォーストユニフォームの2校の対戦となった。地元・東京B代表の駒澤大高に挑む那覇西は、選手権出場16回、05年のインターハイで準優勝している沖縄を代表する伝統校だ。

 ユニフォームカラーは同じだが、対照的なチームと注目試合を戦う。那覇西は「川崎フロンターレの大島僚太選手のように。細かく繋いで、ドリブルも使いながら組み立てるのが自分の持ち味」というMF宮城海(3年)、レフティーのMF下地海人(3年)のダブルボランチを中心としたパススタイル。「連動」をテーマに戦い、混戦の沖縄予選を制してきた。

 決勝戦では前半終了間際に宮城、MF宮国永遠(3年)、FW高良竜太朗(3年)、そしてMF金城竜馬(3年)と精度とテンポ良くパスを繋いでの鮮やかなゴールで先制点。後半終了間際に追いつかれたものの、延長戦では交代出場のMF上原綾斗(3年)の鋭い突破から、2年生MF伊佐航平が決勝点を決めた。

 160センチ台から170センチ台前半の小柄な選手たちが並ぶ那覇西は、「蹴るサッカーにしても自分たちは絶対に勝てない」(宮城)とコンパクトな陣形からショートパスを繋いで崩すサッカーをこだわって磨いてきた。

 全国大会では自分たちの特長を出す時間帯をどれだけ増やせるか。対戦する駒澤大高の特長はダイナミックな攻守。ロングボールやロングスローで圧力を掛けて飲み込もうとしてくる相手に、どこまで食い下がることができるかも勝利へのポイントとなってくる。

 県予選決勝で対戦した西原には40メートル級のロングスロワーや“沖縄ナンバー1”のパワフルFW玉城羽(2年)がいた。だが、那覇西はCB比嘉来揮(3年)がそのロングスローを頭で跳ね返し、玉城の突破を素晴らしいスライディングタックルで阻止するなど存在感。この試合でも見せたように、1年時に全国を経験している比嘉や勇気ある飛び出しが光るGK新垣凱斗(2年)中心に相手のパワーを封じながら、自分たちの良さを出していく。

 同校初のOB監督である平安山良太監督の下で戦う全国大会へ向けて、主将の左SB東舟道尚吾(3年)は粘り強く戦うこと、個々のアイディアを活かしてゴールを連発することを宣言。大観衆の中でブレずに自分たちのサッカーを展開し、5年ぶりの1勝を掴み取る。

取材・文=吉田太郎

【選手権出場校紹介】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る