2016.03.23

国際親善大会に臨むフットサル日本代表監督に木暮賢一郎氏が就任

木暮賢一郎
国際親善大会で日本代表を率いることとなった木暮氏(写真は昨年5月) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は23日、4月22日から愛知県刈谷市で行われるフットサル国際親善大会に出場するフットサル日本代表の監督に、木暮賢一郎氏が就任することを発表した。また、小森隆弘氏がコーチに就任することも併せて発表している。

 木暮氏は、神奈川県出身の36歳。現在、関東1部リーグに在籍しているFIRE FOXや、スペインでのプレーを経て、2009年にFリーグの名古屋オーシャンズへ加入。日本代表としても3度のワールドカップに出場するなど、輝かしい実績を残している。引退後はFリーグのU-23選抜とシュライカー大阪で監督を務めていた。

 就任にあたって、同氏は「先⽇のAFC選⼿権で負け、ワールドカップに⾏けなかったという⽇本フットサル界にとってあまりいい状況とはいえない中、 ⾃分がこの⼤会の監督を引き受ける意味や責任は⼗分に理解しています」とコメント。

 また「その上で、⾃分も含めて⽇本の選⼿や関係者がこれまで積み上げてきた、アジアにおける⽇本の強さや誇りというものを、この国内で⾏われる⼤会で取り戻すべく、覚悟を持って全⼒で臨みたいと思います」と、強い決意を語った。なお、木暮氏が監督として活動するのは4月1日から同30日までとなっている。

 フットサル日本代表は、4月22日にベトナム戦、同24日にウズベキスタン戦を、ともに愛知県のウィングアリーナ刈谷で行う。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る