2016.01.01

連覇達成も不発を悔やむG大阪FW宇佐美「僕の出来はよくなかった」

宇佐美貴史
天皇杯決勝の浦和戦に出場した宇佐美貴史 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪は、1月1日に行われた第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝で浦和レッズと対戦し、2-1で勝利を収め、大会連覇を達成した。試合後、先発出場したFW宇佐美貴史がインタビューに応じた。

 宇佐美は、クリスマス・イブの12月24日に長女が誕生して以来、準々決勝のサガン鳥栖戦、準決勝のサンフレッチェ広島戦で2試合連続2ゴールを挙げ、復調を見せてた。決勝でのゴールにも期待が高まっていたが、ノーゴールのまま76分に途中交代。3戦連発を逃した悔しさを滲ませつつ、今季最初で最後のタイトル獲得を喜んだ。

「このまま終われと願うだけでした。ゴールは取れてないので、パト(パトリック)に感謝したいし、僕自身の出来はよくなかったのでチームに感謝したい」と語り、2ゴールを挙げたパトリックと最後まで浦和の猛攻を凌いだチームに感謝。

「元日にサッカーができることは光栄だし、このメンバーでやる最後の試合だったのでよかった。チームとして大きくならないといけないし、ガンバはそういうチームなので、これからもサポートお願いします」と幸先良いスタートを切った2016年の飛躍を誓った。

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る