2016.06.05

電光石火の先制点で流経大がFC大阪を下してステージ制覇/JFL 1st第15節

流経大ドラゴンズ龍ケ崎がファーストステージを制した
サッカー総合情報サイト

 第18回日本フットボールリーグ1stステージ最終節の第15節が6月4日(土)に1試合、同5日(日)に7試合が行われた。

 ファーストステージ1位を懸けて、流経大ドラゴンズ龍ケ崎とFC大阪の直接対決。前半、風上に立つ流経大は開始早々1分に右サイドから吉田大河がボールを中央にパスを送ると、榎本圭汰が繋いで再び吉田が受けて先制点を奪う。その後も攻勢を掛ける流経大は追い風を利用して前半だけで11本のCKのチャンスを作り出すものの、追加点を決めることができなかった。後半はFC大阪が風上となりチャンスを生み出したが、最後までゴールネットを揺らすことができずに流経大が1-0で逃げ切っている。勝ち点を35に伸ばした流経大がファーストステージを1位でフィニッシュ。敗れたFC大阪は、2位で終えた。

 3位のアスルクラロ沼津は敵地でHonda FCと対戦。沼津は前半11分にPKで失点を許す。沼津は前後半ともに相手を上回るシュート数を放ったが、Hondaの堅守を最後まで崩すことができずに0-1で敗れた。勝ったHondaは、連勝を飾り6位でシーズンを終えている。

 ホンダロックSCは、肝付将臣のハットトリックを含む4ゴールを奪い栃木ウーヴァFCに勝利。ホンダはファーストステージ4位を守っている。

▼ファジアーノ岡山ネクスト 0-1 ヴァンラーレ八戸
得点
0-1 14分 成田諒介(八戸)

▼Honda FC 1-0 アスルクラロ沼津
得点
1-0 11分 大町将梧(Honda)

▼東京武蔵野シティFC 0-1 MIOびわこ滋賀
得点
0-1 62分 坂本一輝(滋賀)

▼FCマルヤス岡崎 0-1 ヴェルスパ大分
得点
0-1 64分 杉本恵太(ヴ大分)

▼流経大ドラゴンズ龍ケ崎 1-0 FC大阪
得点
1-0 1分 吉田大河(流経大)

▼栃木ウーヴァFC 0-4 ホンダロックSC
得点
0-1 4分 肝付将臣(ホンダ)
0-2 52分 山田貴文(ホンダ)
0-3 52分 肝付将臣(ホンダ)
0-4 68分 肝付将臣(ホンダ)

▼ラインメール青森 3-3 奈良クラブ
得点
0-1 34分 佐藤和馬(奈良)
1-1 38分 村瀬勇太(青森)
2-1 86分 赤松秀哉(青森)
2-2 90分 茂平(奈良)
2-3 90+2分 大西勇輝(奈良)
3-3 90+6分 西村光司(青森)

▼ブリオベッカ浦安 0-1 ソニー仙台FC
得点
0-1 50分 内野裕太(ソニー)

▼得点ランキング
11得点 竹中公基(浦安)
10得点 川西誠(FC大阪)
8得点 有間潤(ソニー)
7得点 坂本一輝(滋賀)
6得点 村上聖弥(八戸)
6得点 大町将梧(Honda)
6得点 宮津祥太(流経大)
6得点 内山俊彦(栃木ウ)

▼セカンドステージ第1節
6月18日(土)13:00
ファジアーノ岡山ネクストvsFCマルヤス岡崎
6月19日(日)13:00
ソニー仙台FCvsヴェルスパ大分
ヴァンラーレ八戸vsホンダロックSC
Honda FCvs奈良クラブ
アスルクラロ沼津vsMIOびわこ滋賀
流経大ドラゴンズ龍ケ崎vs栃木ウーヴァFC
ラインメール青森vsFC大阪
ブリオベッカ浦安vs東京武蔵野シティFC

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る