2015.02.16

世界最大の5人制アマチュアサッカー大会『F5WC』が日本で開幕

F5WC
世界最大のアマチュア5人制サッカー大会『F5WC』が、15日にフットサル台場にて開幕した

 世界最大のアマチュア5人制サッカー大会『F5WC』が、15日にフットサル台場にて開幕した。

 日本初開催となる「アットホーム F5WC JAPAN」は、東京、神奈川、埼玉、大阪で予選を開催。各会場の上位チームが進む決勝大会の優勝チームは日本代表として、4月にドバイで行われる世界大会に出場する。

 予選の初日となった開幕戦では18チーム約120名のアマチュア選手が参加。決勝では、元フットサル日本代表選手らを擁する「レジットペイミーマグエッセンス」が「IT」を3-0で下して優勝。チームの代表は、「(3月15日に開催される)日本大会決勝があると他のチームのモチベーションもすごく高かったです。その真剣勝負を勝ち抜いて優勝できて嬉しかったです!」と優勝を喜びを語った。

 また、惜しくも準優勝の現役大学生チーム「IT」は「決勝で負けてとても悔しかったですが、大学卒業に向け楽しい思い出を作れました。決勝大会ではドバイに向けてリベンジします!」と決勝大会に向けての抱負を語っている。その他、3位の「はまひろFC」チーム、4位の「Ozawa Last summer」チームが2015年3月15日(日)にフィスコフットサルアレナとしまえんで開催される決勝大会への切符を手に入れた。

『F5WC』とは2013年にアラブ首長国連邦のドバイでスタートした16歳以上のアマチュア選手を対象とした世界最大のアマチュア5人制サッカー大会。世界各国で予選大会が開催され、各国の優勝チームが、国を代表してドバイで開催される世界大会に出場する。2013-2014年大会には全世界6大陸から32か国が参加し、2014年4月にドバイのワールドトレードセンターにて世界大会が開催。昨年は、有名クラブからスカウトが視察に訪れ、実際にマンチェスター・Cとチェルシーに2名の選手がスカウトされるなど、世界最高レベルの大会としていま世界中から注目されている。第2回目となる2014-2015年大会は、日本を含めた、世界48か国の参加が決定。2015年4月23日~25日の3日間に渡り開催される世界大会への切符をかけ、予選大会が各国で実施されており、日本でも2月15日~3月1日まで予選が行われる。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る