2014.08.01

FC大阪が元U-20ブラジル代表MFタレスの獲得を発表

タレス
FC大阪はブラジル人MFタレス(右)の獲得を発表した

 関西サッカーリーグ1部に所属するFC大阪は1日、クウェート1部のアル・ヤルムークに所属するブラジル人MFタレスの完全移籍での獲得を発表した。

 タレス(本名:TALES TLAIJA DE SOUZA)は1990年生まれ、ブラジル出身の24歳。2008年にSCインテルナシオナルでデビューを果たし、2010年にはポルトガルのスポルティングへ移籍。タイのスパンブリ―FCなどを経て昨シーズンはクウェートのアル・ヤルムークでプレーをしていた。

 年代別代表においても、U-15、U-17、U-19、U-20のカテゴリーでブラジル代表に選出された経歴を持ち、74試合に出場。U-17南米選手権優勝やU-20南米選手権優勝などを経験している。

 FC大阪は、大阪から3つ目のJリーグ入りを目指すプロサッカークラブで、現在は関西サッカーリーグ1部に所属。昨シーズンはクラブ初の1部リーグ優勝を果たしている。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る