2019.03.14

Digital Sports Day Vol.4の開催報告レポート

サッカー総合情報サイト

『Digital Sports Day』〜スポーツ×デジタルを学ぶ月イチ分科会〜第4回が2019年1月25日(金)にFROMONE SPORTS ACADEMYで開催。スポーツのデジタルマーケティングの話題を中心に、株式会社プラスクラスの代表取締役を務める平地大樹氏の単独トークやその道のプロをゲストに呼んでのトークセッションを開催している。

今回はPSI代表の平地氏による学生のための単独トークセッションを実施。前半は、平地氏がスポーツキャリア形成までに至る道のりの話を紹介。その後、PSIの事業、実績の紹介をし、プラスクラスのスポーツビジネスにおける現在地を明確にした上で、これ以降のスポーツ業界の話に繋げていった。

PSIの事業紹介をする平地氏

後半は、スポーツビジネスの発展性、スポーツビジネスを索引する業界構造について一つ一つ説明。その上でスポーツ業界への携わり方はどのような方法があるのか、平地氏のキャリアを参考に話を進めていった。

スポーツ業界への携わり方について話をする平地氏

終盤には学生からの質疑応答の時間も設けられた。「スポーツチームと行政ではスタジアム、アリーナを所有するメリット、デメリットの違いは何か」など、学生の参加者からハイレベルな質問も飛び交ったが、平地氏はそれぞれ丁寧に回答していった。分科会終了後には、懇親会という形で参加した学生同士や平地氏とのコミュニケーションがとれる場も設けられたので、学生にとって有意義な時間になったであろう。

 

また、株式会社プラスクラスでは随時学生インターンを募集している。「スポーツ×デジタル」の現場で働く経験が出来る機会となっているので、スポーツ業界に興味のある学生は一度問合せてみてはいかがだろうか。

詳細はこちら
http://plus-class.jp/intern/

 

そして、3月18日(月)にDigital Sports Dayのvol.5の開催が決定した。今回も平地氏が登壇し『スポーツ×デジタルの“近い“未来』というテーマで語られる。

デジタルシフトに加速するJリーグとBリーグにおいて、JリーグのIDを活用したデータ活用構想や、リーグ開幕当初からデータ活用を謳ってきたBリーグの活用することを意識したデータ蓄積方法など、スポーツ事業のマーケティングにおけるデータ蓄積から活用方法などが語られる予定だ。

 

【3月18日(月)開催!】Digital Sports Day vol.5『スポーツ×デジタルの“近い“未来』

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る