2014.01.23

山田朱莉「人から好きって言われても信じられないんです」

昨年から続けてきた夢アドメンバーインタビュー、最後に登場していただくのは山田朱莉さんです。

「夢みるアドレセンス」は、現役及びOGの「ピチレモン」モデルを中心に「国民的ハイパー女優」を育てることを目指して結成されたガールズユニット。一昨年の8月に第1回公演を行い、毎月の定期公演がほとんど前売りで完売となるなど、着実にファン層を広げつつあります。

このコーナーでは、これまで荻野可鈴さん志田友美さん小林玲さん京佳さんと夢アドのメンバーにインタビューを行ってきましたが、今回はいよいよ5人目、山田朱莉さんにお話を伺ってきました。(写真・文 岡田康宏)

– 昨年、2013年はどんな年でしたか?

この一年間は本当に夢アドの年でした。昨年の3月にピチレモンを卒業して、その夏から丸々夢アドの年だったなと思います。生活も、仕事の内容も全然かわりました。東京に行く回数も増えたと思いますし、いままでただのピチレモンモデルだったのに。メンバーとかと会う機会も多くなって、ファンの人と直接会う機会も夢アドのおかげでめっちゃ増えたなと思います。いつもは誌面とかからしか逢えなかったけど、月一でイベントがあるようになって。絶対どこかで折れるなって思っていたんですけど、ここまで続けてこれました。やっとこの生活、夢アドライフに慣れてきましたね。

-なにか夢アドをやってきた変わったことはありますか?

自分の担当カラーが紫って決まって、それから紫のものばかりが気になるようになりました。メンバーカラーが決まったのは、お互い楽しいですね。赤とかあったら、可鈴、これやでとか。メンバーカラーでいじり合いとかしています。もともと紫とピンクが好きで、紫は玲の方が似合うかなとも思っていたんですけど、玲が意外とオレンジが似合うことも分かったし。それも新しい発見でした。玲は本当性格が変わりました。最初は本当に暗いというか、おとなしい子で、楽しいことが好きじゃないっていうか、普通に暮らしていくのが好きそうな感じの子だったんですけど、気がつけば一緒にわーわーやっているようになって、超テンション高くなりました。

– 自分自身はどうですか?

あまり良くない話になるんですけど、私は自分が大っ嫌いなんですよ。外見も嫌いだし、中身とかも全然嫌いだし、自分のことあまり見たくなくて。人のことばかり見ちゃうし、人の意見にすぐ左右されるし、服とかもこっちの方がいいよって言われたら、こっちになっちゃうし。でも一度ハマるとずっとそればっかりになっちゃいます。食べものも、牛たんとか、チーズとか、ハマったらずっとそればっかりです。二次元とかアニメとかも大好きで、ハマったらすごいハマるんだけど、他人に流されやすくて、自分を全然持ってないです。だから、自分を持ちたいです。

ホンマに自分に自信がないですね。一番最初に嫌なのが自分の見た目で、真反対の人が好きなんですよ。可鈴とか、友美とか、京ちゃんとか、かわいい系の顔が好きだし、身長ももっと小さく生まれていきたかったし、正反対で生まれてきたかったです。性格とかも嫌です。自分だから分かるのかもしれないけれど、本当に嫌です。超ネガティブなんですよ。一人じゃ何にもできなくて。友美とかよく一人でショッピングしてるんですけど、絶対に無理で、それも自分の中で嫌なので変えようと思って、今日は絶対に一人で行くって思って、電車の券買って、エスカレーター乗って、三歩歩いて、あっ、無理やと思って帰りました。一人だとほんま無理です。自分に自信がなさすぎるから、一人だと変な気持ちになります。

– でも普段からテンション高いですよね。

そうですね。本当は普段は、もうちょっと大人っぽくて……。うそです(笑)。渋谷とかでも『ぴよぴよ〜』って言っちゃうし、かわいいもの見ると『ちゃむちゃむ〜』って言っちゃいます。小学生のとき飼っていた小鳥がめっちゃかわいくて「ちゃむちゃむ、ちゃむちゃむ」って、無意識で言っていて、お母さんに「あんた、『ちゃむ』って何なの?」って。そっから気づいて、かわいいときに「ちゃむちゃむ」って言っていたら、周りもみんな使ってくれるようになって。だから今は、可鈴とかも『ちゃむちゃむ』って言ってくれます。自分の使い出した言葉を周りが使ってくれるのが嬉しくて。あと、うち喋り出したら止まらないんですよ。本当にセーブしないとやばいんですよ。

– 一度、スイッチが入ると止まらなくなるんですね。人見知りとかはしますか?

人見知りはしないんですけど、怖い人が苦手ですね。一応、自分は失礼な人間ってわきまえているから、怖い人だとすごいやりづりらいです。普段周りの大人の人は目上だけど、仕事だし優しくしてくれるから大丈夫なんですけど、たまに怖い人と会うと、どうしていいかわからなくなります。でもそれ以外は、初対面でも5分で抱きついたりしちゃいます。

-おもしろいけれど、よくわからない性格ですね(笑)。どうしてこういう性格になったんでしょう?

お母さんのせいだと思うんですよ。お母さんがアホでうるさくて、おもしろくてかわいくて、朱莉なんかより何百倍もかわいいんですよ。おばあちゃんも、すごくて、だから親子三代、こういう性格なんですよ。親戚とか揃うと、みんな大阪やから、すごいことになります。おばあちゃんとか、ギャグセン高くて、本当におもしろいんですよ。今まで、こういう仕事する前は、ずっとそういう中で育ってきて、それが普通だったけど、朱莉がもしかしたらおかしいかも、って思うようになってから見方が変わりましたね。あれ、うちの親戚、テンション高いのかもって(笑)。 

【夢アドアワード2013最優秀楽曲賞】泣き虫スナイパ→

– 夢アドはどんなグループですか?

夢アドは本当にバカで。中学2年生と高校3年生が対等に話ししているグループって、他のグループがどうこうっていうのはわからないけれど、すごいなって思います。だって、中二の京たんと二人でディズニーランドに行ったんですよ。妹とかじゃなくて、普通に友達感覚で。あとで考えたら、ずごいなって思って。京たんが大人っていうのもあるんですけど、頭のレベルがほとんどみんな同じくらいなんですよ。ホンマに仲が良いから、身内ネタですぐ笑っちゃったりして。それでお客さんの前に出て通用するのかなって思っていたんですけど、ファンの方が優しい方が多いし、温かいノリだから助けられています。

ファンの人ってすごいなって思います。だって、うちらに会いに来てくれているわけじゃないですか。本当にいいの?って思います。本当にCDも何枚も買ってくれる人がいて。自分もハマり癖があるから分かるんですけど、うちが好きで来てくれるっている人もいて、それがありえないです。うちは人から好きって言われても信じられないんですよ。自分に自信がないからかもしれないけれど・・・。だから、ファンの方がCDたくさん買ってくれたリ、うちに会いに来てくれたりすると、くすぐったいです。本当にうちでいいのって、めっちゃ思います。

– では、他の子たちにも聞いているんですけど、自分以外のメンバーの印象を。

まずは玲から。玲は、本当に夢アドで変わりました。一時期、めちゃめちゃ暗いときがあって。うちらのこと嫌いなのかなって本気で心配したこともあったんですけど、夢アドで変わって。ファンの人とかと接するうちに自分に自信が持てたんだと思います。玲は、自分の好きなことは好きだし、自分のやりたいこととかがちゃんとあるから、そこは羨ましいなって思いますね。今は明るくなったし、一緒になれた気がします。あれっ、玲ってこんな子だったっけって思う時もあるし。良い方に変わってくれましたね。うちらのために変わってくれたのかな(笑)。

京たんはかわいいです。うち、やばいんですよ、京たん大好きなんですよ。中二ですよ。うちが中二のときなんて、クソガキですよ。なのに、京ちゃんは本当に頑張っていて、涙が出てきそうになります。しっかりしているし、年齢差はあるのに普通に話ができるし。京ちゃん、偉い。大好き。もう京ちゃん大好きです。

友美は、バカですね。褒めるとこは、かわいい、細い、足が長い、顔が小さい。外見ばかりですね(笑)。中身の方は、みんなが思っているような『スター・ゆうみん』じゃないんですよ。根っからいい子です。いたずらっ子なのに憎めないんですね。憎めない奴とかいう意味がわかります。AB型だし。可鈴と朱莉はA型同士で普通なんですけど、友美といるとめっちゃ刺激がありますね。もう刺激だらけ、爆弾物です(笑)。本当に空気は読めないです。AB型あるあるってあるじゃないですか。いっつもそれ、友美に当てはめて読んでるんですけど、全部当たりますもん。

友美は自分の好きなこととかにまっすぐだから。それ以外のことには興味なくなっちゃうし、でもやっていることにはプライドを持ってやっていると思うから、そこはすごいなと思います。歌とかダンスとかもうまいし、人の良いところを吸収するのが早いんですよ。

可鈴ちゃんは、一番大人になったと思います。もう本当に山猿だったもん(笑)本当にお猿さんだったのに、超大人になったと思います。本当に大人になったんですけど、まだうちと普通に会話ができてよかったなと思います。大人になりすぎて、バカな会話できなくなるくらい大人になられたら結構ショックなんですけど、まだそういう話もできるので、可鈴がリーダーで良かったなと思います。

私は可鈴とも仲良いし、友美とも仲良いし、玲とも仲良いし、京ちゃんとも仲良いし、みんなと仲良いです。一人一人、メンバーと一番仲が良い自信があります。もしメンバーが一番仲良い子はって聞かれて、あかりの名前が上がらなかったらショックなんですけど、でも私の中では、一番仲が良い自信があります。

-最後に、個人の目標と、グループとしての目標はありますか?

個人ではモデルがやりたいですね。ずっとモデルをやっていたんですけど、最近はやらなさすぎてモデルって何?みたいになってきているので、モデルがやりたいです。夢アドでは、大阪に行けたことが嬉しかったから、もっといろいろなところに行きたいですね。ピチレモンを読んでくれていた子は全国にいるわけだから、全国を回りたいし、あわよくば外国とかも行ってみたいです。あとは、お泊まりとかしたいです。大阪のとき、みんなホテルで泊まりだったのに、朱莉だけ自分の家で。もう泣き崩れましたよね。一番楽しみにしていたのに。名古屋のときも、みんなで新幹線乗って行くのに、朱莉だけ反対方向で、一人で新幹線の中で泣きましたもん。だから、今度はみんなで一緒に遠征したいです。

山田朱莉さんが所属する夢みるアドレセンスの今年最初の定期公演は1月26日、下北沢GARDENにて。
昼の部12:30開場 13:00開演、夜の部17:00開場 17:30開演。
前売:2500円(+1D別)前売券は夢アド公式サイトの「グッズ・チケット」よりご購入頂けます。
http://yumeado.com

【夢アドアワード2013最優秀楽曲賞】泣き虫スナイパ→

関連記事

荻野可鈴(夢みるアドレセンス)「少しは大人になったのかな?」
志田友美(夢みるアドレセンス)「なにもかもポジティブに考えています」
小林玲(夢みるアドレセンス)「自分からしたら話しかけて欲しいオーラなんです」
京佳「自分ってどんな感じなんだろうって、検索中です」

サイト人気記事ランキング